底なし沼からお届けします

生きる糧があるよろこび。

這い上がってきたあの人たちは今

あくまでモンペの譫言だと思ってください。

 

嵐のファンを辞めるつもりはありません。

 

トップに上り詰めた彼らが、これからどこへ行くのか。最後まで、見届けたいと思う。

 

そして少なくとも、大野さんから興味を失う日は、来ないと思うから。

 

私が今まで一番長く見てきたのは大野さんだけど、それでも一番彼のことがわからなくて、わからないことが面白いから。

 

嵐から離れて行く人を見てきました。

逆に、最近嵐を好きになった人だっています。

 

私の思う嵐のすごいところ。まずひとつは、全員が「きちんとしたコメントが言える」こと。

 

ここで言う「きちんとしたコメント」って言うのは、テレビでちゃんと使える、使いやすいコメントのこと。これってアイドルみんなができるようで、意外とそうじゃない。大抵のグループはひとりかふたり、言える人がいて、その人たちが話を回している。

 

守備範囲外だけどセクゾちゃんも、多分いつか5人全員が「きちんとしたコメント」を言える日がくるんじゃないかなと思う。セクチャンを観ていると、そんな彼らが見えてくる気がする。

 

私が思う嵐のすごいところ。もうひとつは、「結束力」。

 

絶対にメンバーを、そしてそのファンを敵にしない。貶しても、最後はフォローする。嵐の誰の担当になっても、ファンは傷つかない。だから、自担好きだけど嵐みんな好きって人が、多いんじゃないかな。

 

でも、時々、この結束力が5人を苦しめないかなって、不安に思うことがある。

 

嵐はジュニア黄金時代の出身だ。でも、トップになるまで楽だったわけじゃない。もちろん事務所に気に入られるとか、そういう外部的な要素が売れることに関係あるのは、正直否めない。けどもちろん、気に入ってもらえたのは嵐だけじゃない。なんなら最初から気に入られていたわけでもないと、私は思う。

 

嵐は別、って言われる。

嵐はジャニーズっぽくなくて好き、って言われる。

嵐好きはジャニーズ好きとは言えない、って言われる。

 

どうしてこうなったんだろう。トップに上り詰めただけなのに。確かに幸せなのに。

 

5人で這い上がってきたあの人たちは今、どんな未来を描いているんだろう。